主婦キャッシングの審査基準を考える

 

専業主婦がキャッシングの申し込みをする場合は、審査対象は配偶者のご主人になります。しかし、今では主婦でも一定の収入があればキャッシングを認める金融機関も出てきています。

 

キャッシングを申し込むと、まず審査を受けなければなりません。審査を受けてキャッシングを断られたとしても、諦める必要はありません。

 

なぜならば、審査基準はキャッシング会社によって様々だからです。収入や終業年数、配偶者の有無、他社ローンの返済履歴などが審査の基準になります。
この審査基準は、銀行系ですと厳しく設定されています。その分、金利が低くなっています。消費者金融系だと審査基準は優しいですが、金利は高くなっています。

 

もしキャッシングを断られたとしても、1社の結果で諦めてしまわないで、いくつかの会社に申請してみると良いでしょう。