主婦のためのオススメのキャッシング

 

専業主婦でのキャッシング

主婦 キャッシング

『どうしよう、家計がマイナス……』
そう頭を悩ませている専業主婦の方も多いでしょう。
夫の給料だけで生活していくには家のローンや車ローン、子供の教育費用などでお金が飛んでいってしまう。
かといって働きに出たくても待機児童問題で保育園の空きがなく、近くに子供を預かってくれる親戚や知り合いはいない。
なんとか内職をしているけれど、生活費をまかなえるだけの収入を得ることはできない。
考えるだけで頭痛がしてきます。
悩んでいる間にも行事ごとやママ友との付き合いなどで出費はかさんでいってしまいます。
どうにかしてお金を得ようと思ったら、キャッシングを使ってしのぐ方法もあります。
パートやフルタイム勤務の兼業主婦なら審査も基本的には通ります。
では、専業主婦の場合はどうでしょうか?
以前は専業主婦がキャッシングの審査に通ることはほとんどありませんでした。
しかし、最近は専業主婦向けの金融商品も出回ってきています。ですから、どうしても急にお金が必要となってしまった時、こういった金融商品を使ってみるのも方法の1つとして有効だと言えます。
ただし、注意しなければならないことがあります。
『専業主婦でも大丈夫! 電話一本で融資可能』
などと宣伝文句を垂れるキャッシング会社。
こういった会社のほとんどは金融庁に許可申請を出していない、未認可のヤミ金融であることが多く、引っかかってしまうと家族もろとも悲惨な目に遭ってしまいます。

どうしてもお金をお借りなければならなくなった時は配偶者に相談、もしくはキャッシング比較サイトなどで優良な業者を見つけて融資を受けましょう。

 

主婦のキャッシングの申込み方法って?

 

少し前までは、主婦の方がキャッシングをする時はキャッシング会社の店頭まで出向くのが主流でした。

 

幼子を抱えた主婦にとって、子供を連れてキャッシング会社に来店するのはかなり抵抗があると思います。
申し込み専用ダイヤルへ電話するという方法もありますが、インターネットが普及している今では、大抵のキャッシング会社ではインターネットでキャッシングの申請手続きが可能です。
何かと忙しい主婦にとっては嬉しいサービスです。

 

最近では、インターネット上で返済額や返済期間などをシミュレーション出来たり、収入や住居形態などを入力する事で「お試し審査」が出来るところもあります。
この「お試し審査」は仮審査ですから、申し込みの後の本審査では限度額が変わる場合がありますが、目安として利用するには大変便利なサービスです。

 

キャッシングを申し込む方法は、直接来店する方法以外に電話、FAX、インターネットを利用する方法があります。
利用の仕方は、申込用紙に必要事項を記入して本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)と一緒に郵送します。
50万以上の融資を受ける場合には、源泉徴収票や給料明細を求められる場合があります(専業主婦の場合はご主人のものを提出します)。
審査結果は電話やメールで伝えられます。審査にかかる時間は、早くて30分、遅くて半日くらいです。審査を通過すると、振込などで融資が行われます。

 

キャッシング会社によっては数週間は無利子でお金を借りるサービスを行っているところがありますので、
給料日などにすぐ返済出来るような場合はそういったサービスを利用すると良いでしょう。